主婦が夢中になる「ふるさと納税」の魅力!

税金が控除され返礼品が貰える『ふるさと納税』!やらなきゃ損です!

サイト管理人の紹介

ふるさと納税のメリットは・・・

税金(所得税・住民税)が控除される  

返礼品が貰える! 

 
【サイト管理人】 

ふるさと納税の返礼品探しにはまってしまった35歳主婦の美奈です。好きが高じてこのサイトを作りました!税金控除・素敵な返礼品が貰えるふるさと納税はやらないと損ですよ~。

【目次】

         ☆ ふるさと納税ってそもそも何?
   ☆ ふるさと納税をするとどうなるの?
   ☆ 全額控除される納税額(上限)の目安
         ☆ ふるさと納税ポータルサイトの紹介
   ☆ ふるさと納税の期限について

ふるさと納税ってそもそも何?

【ふるさと納税ってそもそも何?】

「ふるさと納税」とは、一言で言うと日本全国にある地方自治体に国民が寄付をすること。地方自治体は「ふるさと納税」で得た寄付金を地元の為に使います。各地方自治体が活性化することにより今以上に元気のある日本になることを期待してできた国の政策なんです!

【ふるさと納税をするとどうなるの?】

税金が控除され、返礼品が貰えます! 「ふるさと納税」で寄付をした地方自治体から、寄付の額によって返礼品が貰え、また税金(所得税・住民税)が控除されます。寄付をする地方自治体は自由に選ぶことができます。地方自治体で予め寄付金の額に応じた返礼品が用意されておりその返礼品欲しさに寄付をするのも良し、寄付金の使い道に賛同して地方自治体を選ぶのも良し。

それでは「ふるさと納税」をした場合としなかった場合とではどう違うのでしょうか?

【「ふるさと納税」をした場合】 

納める予定の税金(所得税・住民税)と同等の金額を地方自治体に寄付する。

→ 返礼品が貰えるし、なおかつ税金の控除を受けることができます。

【「ふるさと納税」をしなかった場合】

 毎年税金(所得税・住民税)を納めるだけで何も貰えない。

【結論】

ふるさと納税をしたほうが断然『お得!』なんです。逆にいうとふるさと納税をしないと損だと言えます!だから多くの方がふるさと納税をするのだと思います!ふるさと納税をもっと詳しく知りたいならこちらのサイトをお勧めします! → 「わずか3分でふるさと納税はこちら!」

全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安

全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安としてください。

※年収600万円以上の確認はこちらのサイトがわかりやすいです→ 「わずか3分でふるさと納税はこちら!」

ふるさと納税を行う本人の給与収入 ふるさと納税を行う人の家族構成
独身又は共働き 夫婦 共働きと子供1人(高校生) 共働きと子供1人(大学生)
300万円 28,000 19,000 19,000 15,000
325万円 31,000 23,000 23,000 18,000
350万円 34,000 26,000 26,000 22,000
375万円 38,000 29,000 29,000 25,000
400万円 42,000 33,000 33,000 29,000
425万円 45,000 37,000 37,000 33,000
450万円 52,000 41,000 41,000 37,000
475万円 56,000 45,000 45,000 40,000
500万円 61,000 49,000 49,000 44,000
525万円 65,000 56,000 56,000 49,000
550万円 69,000 60,000 60,000 57,000
575万円 73,000 64,000 64,000 61,000
600万円 77,000 69,000 69,000 66,000
※年収600万円以上の確認はこちらのサイトがわかりやすいです→ 「わずか3分でふるさと納税はこちら!」
 
☆「共働き」は、ふるさと納税を行う方本人が配偶者(特別)控除の適用を受けていない場合です。(配偶者の給与収入が201万円超の場合)
☆「夫婦」は、ふるさと納税を行う方の配偶者に収入がない場合です。
☆「高校生」は「16歳から18歳の扶養親族」を、「大学生」は「19歳から22歳の特定扶養親族」のことです。。
☆ 中学生以下の子供は、控除額に影響がないので計算外となります。 例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」と同額になります。また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。

ふるさと納税ポータルサイトの紹介

ふるさと納税の返礼品の紹介など、ふるさと納税ポータルサイトには様々なサイトがあります。それぞれ特徴がありますので良かったら下記にポータルサイトを紹介していますので、良かったら参考にしてください。

【 利用頻度が多いふるさと納税サイト・ランキング】

1位 ふるさと納税専門サイト「ふるなび」

公式サイトはこちら>>>

『ふるなび』はダイソンやヘルシオのウォーターオーブン】など人気の電化製品が多数!蟹やイクラ、ウニなど大人気の海産物ももちろん!

そして「ふるなび」でふるさと納税を行われた方には、寄附金額に対して1%のAmazonギフトコードをプレゼント致します。
※掲載自治体数は、120自治体を突破致しました。(2017年11月時点)

公式サイトはこちら>>>

2位 CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

公式サイトはこちら>>>

◆「さとふる」とは?
ふるさと納税を推進し、地域活性化を促進するための総合サイトです。
応援したい自治体や特産品情報をすぐに探すことができ、ふるさと納税の申込みを簡単な手続きで行えるので、初心者の方も安心してふるさと納税が出来ます。ワンストップ特例制度の電子申請に対応し、カンタン確定申告サービスも開始予定!もっとカンタン、便利に!

公式サイトはこちら>>>

3位 ふるなびグルメポイント

公式サイトはこちら>>>

従来のふるさと納税とは異なり、「ふるなび」と連携する ・三重県明和町・岐阜県池田町 ・茨城県古河市 ・山口県山口市へふるさと納税することで提携店舗(東京など)の各コースがお楽しみいただけます。
松坂牛・飛騨牛・常陸牛のコース料理や銀座の有名店「巴里 夕顔」のフレンチ料理やステーキハウス ハマ 六本木本店といった豪華なコースメニューが用意されています。

2016年08月23日
8月23日放送のテレビ番組「ノンストップ!」で「ふるなびグルメポイント」が紹介されました。

公式サイトはこちら>>>

4位 ふるさと納税ポータルサイト「ふるり」

公式サイトはこちら>>>

『ふるり』は地域の魅力を、”プロジェクト””トピックス””お礼の品”の3つの視点から発信しています。
“プロジェクト”では、寄附金を活用した地域活性のための取り組みや、
地域を盛り上げるプロジェクトをご紹介しています。

◇ “トピックス”では、地域の行事や話題情報などを特集します。地元の人にも愛される、とっておきのスポットなどもご紹介しています。
◇ お礼の品となっている地域ご自慢の一品をご紹介します。品物の背景にある生産者の想いや美味しい情報をお届けします。

公式サイトはこちら>>>

5位 日本初有名ブランドが貰える【noma-style.com】

公式サイトはこちら>>>

肉野菜がメインのふるさと納税にnoma-styeは、珍しく有名ブランドが返礼品として用意されています!
ジェラートピケやアディダス、マンハッタンポーテージやドンペリ、モエシャンドンなどなど。
◇ NHKのあさイチで取り上げられ話題沸騰。ジェラピケやドンペリが貰える唯一のふるさと納税サイトです。
福島県南相馬市の現状を少しでもよくするために始まった復興支援プロジェクト”noma-style.com”のふるさと納税です。寄付金は、南相馬市の地域復興のための、さまざまな住民サービスに使われます。

公式サイトはこちら>>>

期限について

今年中に寄付金を納めれば、来年支払う予定の税金が控除されます。逆に寄付金が来年になると再来年の控除ということになりますので、その旨ご注意ください。

また昨年実際にあったことですが、年末に駆け込みで寄付をされる方が多かったということ。なるべくなら年末の忙しい時期に地方自治体に寄付をするより、少し余裕を持って寄付をされることが望ましいかと思います。 ☞ 高級和牛が貰える!ふるさと納税